ページ上へ

サイト情報利用時は免責事項をご確認願います。

年利3.0〜4.5%の高金利で運営されている不動産オーナーの方へ借り換えや金利削減交渉の情報をお伝えしたく運営しています。「借り換えを進めたいけれど一歩踏み出せていない…」という方の背中を押せるサイトを目指しております。

運営者情報

運営会社 株式会社Shift UP
代表者 安田 淳一郎
設立年月 2016年1月
連絡先 お問い合わせフォームまたは info@apartmentloan-refinancing.jp よりご連絡ください。
監修 木村 秀幸(宅地建物取引士・行政書士・商簿記2級)

運営目的

某銀行の不正融資問題に始まり、不動産投資会社と一部銀行の癒着が明らかになるなど不動産投資界の闇が暴かれました。
警察や一般人からすれば悪が裁かれ一件落着…といったところでしょうが、物件オーナーからすれば何の解決にも至っておらず依然厳しい状況が続いています。

収入に見合わない高額な借入を背負ってしまったオーナーはどうしたらよいのか?
その解決手段の一つに「アパートローン借り換え」による金利削減があります。

スルガ銀行をはじめ、アパートローンに積極的な金融機関は3.0%〜4.5%と高めの金利を設定しています。
借入5,000万円(金利4.5%、残年数25年)の場合、-1.0%の金利削減に成功すれば総額820万円、月々27,000円もの負担軽減が可能です。

借入が巨額となる不動産経営にとって金利削減は非常にインパクトのある改善策ですが、借り換えや金利引き下げに関する情報はまだまだ少ないのが現状です。

当サイトではアパートローン借り換えによる金利削減を軸に、不動産投資におけるキャッシュフロー改善策を紹介しています。
多くの不動産オーナーに金利削減効果や手段を知っていただき、キャッシュフロー改善の力になれれば嬉しく思います。

免責事項

『不動産投資を成功に導く 賢いアパートローン借り換え(以下、当サイト)』をご覧いただき、ありがとうございます。
当サイトをご利用いただくにあたり、以下の免責事項を定めておりますのでご確認のほどよろしくお願いいたします。

著作権・転載について

当サイトに掲載されるテキスト・写真・イラスト等の転載、流用は禁止いたします。
万が一、無断利用が確認された場合は著作権侵害等の不法行為と見なし、法的措置を行う場合がありますのでご了承ください。

なお、当サイト内容の転載や流用を希望される場合は問い合わせフォームよりご連絡いただけますようお願いいたします。

サイト情報の正確性

当サイトではアパートローン借り換えや不動産投資のキャッシュフロー改善について入念な調査を行い、できる限り正確かつ最新の情報を掲載しておりますが、経済状況・金融機関対応の変化により、不正確な情報が混在する可能性があることをご理解願います。

万が一、不正確または不適切な情報があれば問い合わせフォームよりご連絡いただけたら幸いです。

金利シミュレーターの精度

当サイトでは借り換え効果を実感できるよう、金利削減シミュレーターを設置しています。
金利削減における支払い負担軽減効果をわかりやすく示す目的のものであり、実際の返済とは各金額が異なる場合があります。
また、借り換えに伴う違約金、繰り上げ返済手数料、事務手数料等は加味されておりませんのでご了承願います。

なお、当該シミュレーターでは一般的な返済方式(元利均等返済)を前提としていますが、実際の返済方法は各金融機関に確認いただくようお願いします。

サイト内容の変更・削除

当サイトの記事や画像については予告なしに変更・削除いたします。
変更、削除により生じた不都合についても対処致しかねますのでご理解願います。

また、サイト内容の修正や削除の依頼がある場合は問い合わせフォームよりご連絡ください。
問い合わせ内容を確認のうえ、必要に応じて対応させていただきます。

キャッシュフロー改善の再現性

当サイトではアパートローン借り換えや金利削減交渉によりキャッシュフローを改善する方法、手段を紹介しています。
紹介内容はあくまでも一般的な見解であり、必ずしも思い通りの借り換えや交渉が成立するものではありません。
借り換えや金利削減交渉を行う場合は、全て自己責任にてご判断ください。

リンク先サービスについて

当サイトには金融機関、アパートローン借り換え代行サービスなど複数の外部リンクが設置されております。
外部リンク先は慎重に確認をしておりますが、外部リンク先企業やサービスとトラブルが発生したとしても当サイトは一切関与せず、なんら責任を負わないことをご了承ください。

お問い合わせフォーム

当サイトに関するお問い合わせ、ご意見は以下フォームよりご連絡ください。

    お名前 ※必須

    例)○○太郎
    メールアドレス ※必須

    例)sample@sample.jp
    電話番号 ※必須

    例)080-1234-5678
    お問い合わせ内容 ※必須
    ※必須